国会議員の特権、「不逮捕特権」と「免責特権」についてかんたんに。

国会議員には二大特権、「不逮捕特権」「免責特権」がある。
これらをかんたんに説明する。

不逮捕特権とは

不逮捕特権に関して憲法第50条に規定がある。

不逮捕特権を設けることで、
大きな政党に反対意志を示す少数派の議員が不当に逮捕されることを防ぐという趣旨がある。

歴史的には、
政権を握る大きな政党がこれに反対する政党の議員に何かと理由を付けることで、不当に逮捕をさせていたという問題があったため。

ただし例外がある。

  • 院外における現行犯のとき
  • 議院の許可があるとき

このケースにおいては不当逮捕の可能性が小さいという理由から、不逮捕特権の例外とされる。

免責特権とは

免責特権に関して憲法第51条に規定がある。

免責されるのは、国会議員が議員の活動として職務上行った行為が対象。

条文上の「院外で責任が問われない」ということの意味は、
一般国民なら当然負うべき法的責任が問われないという意味である。
→ 例えば、名誉毀損のように人の社会的評価を低下させる発言など。