【憲法13条】新しい人権とは何か。幸福追求権をわかりやすく解説

ここでは憲法13条について、特に「新しい人権」「幸福追求権」について言及し、これらがどのような意義を持つのか解説していく。

新しい人権とは

新しい人権を知るには、憲法13条を知る必要がある。

憲法13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

憲法13条にいう「幸福追求権」は包括的な基本権と呼ばれ、
憲法14条以下で保障する権利以外のものを広く含むと考えられている。

なぜなら、歴史上重要視されてきた権利についてはそれぞれ個別に条文で明記されているが、明記されている権利以外についても保障の必要性があるものは存在するからである。

 

時代の変化に合わせて必要な権利が変わることもあるため、柔軟に対応できる必要がある。
そこで憲法13条では、それらの権利を包括的に含む基本権を定める。

 

例えば、後述するプライバシー権肖像権環境権アクセス権自己決定権平和的生存権については憲法上その文言が含まれていない。

憲法で定められておらず、これらの権利に関しては、その根拠を憲法13条後段の幸福追求権に根拠を求めることになる。

 

そしてこれらの権利のことを、未だ明記されていないことから「新しい人権と呼ぶ。
ただし、実際に判例で認められた権利は「プライバシー権」と「肖像権」のみである。

 

なお、幸福追求権は具体的権利」と言われている。

具体的権利とは法規そのもので、条文の規定に基づいて裁判上の救済を受けることができる権利であることを意味する。
例えば国家がこれらの人権を侵害し損害が生じたなら、損害賠償を求めることもできる。ただし具体的権利としての幸福追求権と言い得るためのハードルは高く、
個人の人格的生存に不可欠な利益
を有することが求められる。

新しい人権の具体例

いくつか新しい人権をピックアップして紹介する。

プライバシー権

プライバシー権
私事をみだりに公開されない権利
である。

判例で認められた新しい人権である。詳しくはこちらの記事。

【プライバシー権の意義】表現の自由や知る権利との対立事例も解説
プライバシー権には消極的側面と積極的側面がある。「暴露をされない権利」としての側面が前者、「自己の情報をコントロールする権利」としての側面が後者。この権利は憲法13条の「幸福追求権」の一部で、 判例により認められた新しい人権。ここでは知る権利や表現の自由と衝突した判例に関しても解説。

肖像権

肖像権
みだりに容貌を撮影されない権利
である。

こちらも判例で認められた新しい人権である。詳しくはこちらの記事。

【肖像権】判例で認められた新しい人権、憲法13条との関係などを解説
肖像権とは「勝手に姿を撮影されない権利」。判例でこの権利が認められたため、プライバシー権と並んで新しい人権の一つと評価される。肖像権の定義、重要判例を紹介していく。

環境権

環境権とは
良好な環境で生活をする権利
である。

ただ、環境権そのものが判例で認められたわけではない。

例えば「大阪空港訴訟」では、空港による騒音が問題となり環境権等に基づく民事上の請求可否が争点となったが、これは認められなかった。

アクセス権

アクセス権とは
個人がマスメディアに対し、意見発表の場を提供するよう求める権利
である。

例えば意見広告や反論記事の掲載、番組への参加などを求める権利である。

しかしアクセス権を容易に認めてしまうとマスコミが萎縮してしまい、
かえって国民の「知る権利」が損なわれてしまうという危険もある。

そのため現状、判例でも認められていない。

自己決定権

自己決定権とは
公権力の干渉なく自律的に決定する権利
である。

過去に、中学・高校が校則によって髪型や服装に規制をかけたことが問題となったことがある。

しかしこの事例では、髪型や服装に対する自由を自己決定権の一つと考えたとしても、
「社会通念上、不合理とはいえない」として規制を許す判断を下している。

平和的生存権

平和的生存権とは
平和のうちに生活する権利
である。

しかし定義のあいまいさなど、肯定的でない意見も少なくなく、未だ判例でも認められていない。

 

 練習問題

難易度「易」の例題3問で理解度チェック!

1.憲法13条にいう「幸福追求権」は、包括的な基本権であり、憲法14条以下で保障される権利以外のものを広く含む。
2.プライバシー権や平和的生存権、肖像権などは、判例でも認められ、憲法上保障される権利であると言える。
3.判例は、指紋の押捺を強制されない自由を幸福追求権から導き出せる権利・自由として認めている。
難易度「易」 全5問難易度「並」
練習問題のページに行く