【拘留を解説】懲役刑・禁錮刑との違い、拘留が法定されている犯罪とは

拘留とは

拘留は、勾留と同じく「こうりゅう」と読むが、
紛らわしいため勾留については「かぎこうりゅう」と呼び分けることもある。
刑罰の一つで、刑法第16条に規定が置かれている。

「拘留は、1日以上30日未満とし、刑事施設に拘置する。」

特徴をかんたんに挙げる。

  • 刑罰である     ⇔ 「勾留」は刑罰ではない
  • 拘禁する      ⇔ 懲役・禁錮も身体拘束がある
  • 作業義務は科さない ⇔ 懲役には作業義務がある
  • 期間は比較的短期  ⇔ 懲役・禁錮はもっと長い

拘留により拘禁されることになる期間は、1~29日間

※短いが、執行猶予に付すことができないため必ず実刑となる。

懲役刑・禁錮刑との違い

まずは懲役との違いを見ていく。

主に2つ。
懲役刑では・・

  • 刑務作業が必要
  • 期間が長い

懲役刑は、刑務所で拘束を受けるだけでなく、刑務作業を行わなければならない
その作業内容に応じて、報奨金も支給される。

拘留でも、申出て作業をすることは可能。

また、懲役刑の期間は最低でも1ヶ月。最大で20年である。
→ ただし死刑や無期懲役を軽減した結果、30年の懲役になることも起こり得る。

 

次に禁錮刑を見ていく

禁錮は拘留と同じく作業義務が科されない点で共通する。

しかし期間に関しては懲役と同じ設定がされており、1ヶ月20年の収容があり得る。

拘留が法定されている犯罪

拘留は比較的軽い刑罰であるため、拘留が法定刑として定められている犯罪も軽いものが多い。

  • 侮辱罪
    事実を摘示せず、公然と人を侮辱すると該当。
    法定刑は拘留または科料。罰金刑もないのが特徴。
  • 公然わいせつ罪
    公然と、わいせつな行為をすると該当。
    不特定または多数人が認識できる状態でなければならない。
    軽い犯罪類型に属するが、抽象的危険犯であるため、現実にわいせつな行為を認識できていなくても処罰し得る。
    法定刑は「6か月以下の懲役」「30万円以下の罰金」「拘留」「科料」とパターンが豊富。
  • 暴行罪
    人の身体に有形力を行使したときの罪。
    怪我をさせると傷害罪になる。
    法定刑は「2年以下の懲役」「30万円以下の罰金」「拘留」「科料」とバリエーションは公然わいせつと同じであるが、やや重い罪に当たる。

まとめ

マイナーな刑罰であるが、
勾留と勘違いしないようにすること、
禁錮や懲役との違いを覚えておくことが大切。

なお、侮辱や暴行など刑法に規定されていることに限らず、軽犯罪法違反や民事訴訟法の193条違反によっても拘留が科せられ得る。

実際のところ拘留が言い渡されるケースはレアであると言えるが、最低限の知識は入れておくと良い。