【入門-株式会社設立】会社法における設立手続きの超シンプルまとめ

株式会社設立手続の種類

発起設立:発起人が設立時発行株式のすべてを引き受ける設立方法

募集設立:発起人が設立時発行株式の一部を引き受け、残りを募集する設立方法

※いずれにしても1株以上は引き受ける必要がある。

株式会社設立までの手順

  1. 定款の作成
    発起人によって定款を作成し、公証人の認証を受ける。
    ①目的
    ②商号
    ③本店の所在地
    ④設立に際して出資される財産の価額またはその最低額
    ⑤発起人の氏名住所
    ⑥発行可能株式総数
    これらの項目を発起人全員で決めていく。
    ※定款は、本店および支店に備え置き、発起人・株主・会社債権者の閲覧謄写に供しなければならない。
  2. 社員の確定
  3. 機関の具備
    発起設立では役員等を発起人の決議で選任し、募集設立では創立総会の決議で選任する。
    創立総会は設立時株主の議決権の過半数出会って、3分の2以上で決する。
  4. 出資による会社財産の形成
    変態設立事項については、発起人の請求に基づいて裁判所が選任した検査役の調査が必要。
  5. 設立の登記
    会社の成立とともに株主・役員等へとなる。
    ①目的
    ②商号
    ③本店および支店の所在場所
    ④資本金の額
    ⑤発行可能株式総数
    ⑥発行する株式の内容
    ⑦取締役の指名
    ⑧代表取締役の指名・住所