持分会社の確認問題 – 「並」

【 持分会社の確認問題 - 「並」 】を解く。
回答後、「答え合わせ」のボタンを押すと正答率と解説が表示されます。

1. 
合資会社の社員が退社したことで、無限責任社員のみとなった場合、その会社は合名会社になる定款変更をしたものとみなされる。

2. 
持分会社の有限責任社員は、信用を出資の目的とすることができない。

3. 
社員が無限責任社員・有限責任社員のどちらであるかは、持分会社における定款の絶対的記載事項である。