法の下の平等の確認問題 – 難易度「並」

【 法の下の平等の確認問題 - 難易度「並」 】を解く。
回答後、「答え合わせ」のボタンを押すと正答率と解説が表示されます。

1. 
判例によれば、女性のみに再婚禁止期間を定める民法上の規定に関し、その立法目的に合理性が認められず、憲法14条に違反すると評価された。

2. 
憲法14条1項にいう「人種」とは、国籍を基準とするものであり、外国人に対する区別は許されない。

3. 
憲法14条1項にいう「社会的身分」とは、「人が社会において占める継続的な地位」をいう。

4. 
憲法14条3項では、栄典の授与に伴う特権を禁止するが、功労のあった者に勲章を授ける際経済的利益を付与しても違憲ではない。

5. 
子にとって自ら選択ないし修正する余地のない事柄を理由として不利益を及ぼすことは許されないとするのが原則であるが、嫡出子と非嫡出子の法定相続分を区別することには合理的理由が認められるため、違憲とはならない。

6. 
憲法14条2項は、特権を伴う世襲の身分を法律で新たに設けることを禁止する。