法の下の平等の確認問題 – 難易度「易」

【 法の下の平等の確認問題 - 難易度「易」 】を解く。
回答後、「答え合わせ」のボタンを押すと正答率と解説が表示されます。

1. 
憲法上は、人間の性別間に存在する事実上の差異を踏まえて、男女に異なる取扱いをすることは許されない。

2. 
特権を伴う世襲の身分を法律で定めたとしても、憲法14条には反しない。

3. 
判例では、非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1としていた規定が違憲と判断された。

4. 
憲法14条1項は、実質的平等を要請するものであり、公務員における女性の割合が少ない場合、優先して女性を採用することが憲法上義務付けられる。

5. 
「法の下に平等」とは法内容の平等を意味し、法律の内容が平等であることが求められるが、その法律の適用に関してまでは問われない。