憲法総論の確認問題 – 難易度「易」

【 憲法総論の確認問題 - 難易度「易」 】を解く。
回答後、「答え合わせ」のボタンを押すと正答率と解説が表示されます。

1. 
憲法は国家に対して適用する法であるが、私人間においても原則として直接適用される。

2. 
出国の自由は外国人にも保障される

3. 
憲法には政治的なスローガンも多く含まれる。

4. 
普通地方公共団体は、職員に採用した在留外国人について、国籍を理由に給与等の勤務条件につき差別的取扱いをしてはならない。

5. 
法人は自然人とは異なり概念上のものであるため、人権の享有主体とはならない。

6. 
基本的人権とは、「人間が、ただ人間であるということに基づいて、生まれながらにして当然に持っている基本的な権利」である。

7. 
公共の福祉が根拠となる場合には、常に人権制約が認められる。