民法 - 解説一覧

民法 - 解説一覧民法

おすすめページ

【民法改正】連帯債務の相対効と絶対効まとめ
連帯債務者の1人に生じた事由は、原則として「相対効」を有する。しかし、相殺・混同・更改に関しては例外的に「絶対効」が認められる。また近年の民法改正によって請求・免除・時効は相対効へ変わっている。このページではこれら連帯債務に関する効力について解説する。
【民法改正】連帯保証の相対効・絶対効まとめ!履行の請求や承認など
連帯保証人に生じた事由の相対効・絶対効に関しては、連帯債務の規定が準用される。民法改正前後で「履行の請求」に関するルールは大幅に変更され、主債務者に影響しないこととなった。このページでは、債務の承認の効果や、主債務者に生じた事由の効力なども解説する。
【民法改正】時効の「更新」と「完成猶予」、協議を行う旨の合意などを解説
民法改正により、時効の「停止」は時効の「完成猶予」へ、時効の「中断」は時効の「更新」へと改められた。他にも「協議を行う旨の書面による合意」などの制度が新設されるなどの変化が生じている。このページでは、時効のルール全般を解説し、民法改正で変わったことも解説する。
消滅時効の期間一覧(主観・客観的起算点などまとめ)
消滅時効は債権の場合基本的に、権利が行使できる時から5年間、行使できる時から20年とされる。しかし不法行為による損害賠償請求権や、人の生命・身体への侵害があった場合には別の定めに従うことになる。このページではその他短期消滅時効の定め等にも言及する。
権利能力なき社団まとめ(社団の具体例・不動産登記・訴訟の問題)
権利能力なき社団とは大学のサークルや町内会など、法人格のない団体を言う。実体としては社団法人とあまり変わりないが、法人格がなく、権利義務の主体になれないことから、その団体が持つ不動産の登記や、訴訟における諸問題が発生する。ここでは権利能力なき社団とは何か、不動産登記や訴訟に関しても解説する。

総則編

権利の主体・客体

意思表示

代理

時効

物権編

物権

担保物権

債権編

債権総論

債権の移転

債権の消滅

多数当事者

債権各論

家族法

その他

 


=以下、民法の解説ページ一覧=

民法

権利能力・意思能力・行為能力の違いを解説!胎児や未成年者の問題なども

2021.05.24
民法

【民法改正】連帯債権の相対効と絶対効まとめ!不可分債権との違いも

2021.04.28
民法

【債権の種類別】消滅時効の起算点と履行遅滞の時期まとめ

2021.04.28
民法

【民法改正】連帯債務の相対効と絶対効まとめ

2021.04.28
民法

権利能力なき社団まとめ(社団の具体例・不動産登記・訴訟の問題)

2021.04.28
民法

【民法改正】連帯保証の相対効・絶対効まとめ!履行の請求や承認など

2021.04.28
民法

「填補賠償」と「代償請求権」を解説!損害賠償との違いや民法改正の影響も

2021.04.28
民法

「期限の定めのない債権」の起算点と具体例

2021.04.28
民法

委任・請負・事務管理・寄託の契約についてかんたんにまとめる

2020.12.16
民法

「寄託」が民法改正で変わったポイント!諾成契約化や解除・損害賠償のことなど解説

SNSでシェアする
法律すたでぃをフォローする