当サイトをご覧いただきありがとうございます!
まだまだテスト段階ですが、学習用の練習ページを設けてみました。
今後パワーアップしていく予定です。

着手してみる

HOME

  • 2021-06-08:憲法、刑法、商法、刑事訴訟法、行政手続法の全条解説ページを制作中です。
  • 2020-11-18:トップページに各カテゴリの「おすすめページ」と「一覧ページへのリンク」を設置しました。
  • 2020-10-19:練習問題のページを設置しました。
  • 2020-05-16:サイト上部のメニューからカテゴリ選択をできるようにしました。モバイル画面でも操作しやすいよう、色々と調整をしています。

憲法

~ 憲法のおすすめページ ~

【憲法13条】新しい人権とは何か。幸福追求権をわかりやすく解説
新しい人権とは、憲法13条後段の「幸福追求権」に包括的に含まれる人権である。14条以下に明記されていないものの、時代に即した様々な権利が新しい人権として含まれ得る。例えばプライバシー権や肖像権、アクセス権、自己決定権など。
【憲法19条】思想良心の自由をわかりやすく解説、重要判例もまとめて紹介
思想良心の自由は憲法19条で保障される人権。内心の絶対的自由を守り、これを侵すことは許さないとする。しかし「謝罪広告の強制」「君が代の斉唱および伴奏」をさせるのは違憲だと問題になった事件も。ここでは限定説や広義説から「思想良心」の定義等にも言及していく。
自己実現、自己統治の意味とは?判例や表現の自由との関係もかんたんに解説
憲法21条表現の自由における「自己実現の価値」には個人的な意義が、他方「自己統治の価値」には社会的な意義がある。ここでは自己実現や自己統治の意味を解説し、関連する判例なども紹介する。
【財産権】憲法29条全項解説!不可侵の原則・公共の福祉による制限・正当な補償など
憲法29条に規定される「財産権」は、第1項で不可侵とされつつも、第2項では公共の福祉を理由に制限されるケースがあること、第3項では正当な補償がなされていれば私有財産を公共のために用いることも可能としている。ここではこの29条について解説する。
【裁判所】司法権の範囲とその限界、独立性や、裁判所の構成、違憲審査権など解説
ここでは憲法76条における「司法権」の意味・範囲等を解説する。司法権の限界、司法権の独立や裁判所に関することにも言及していく。

憲法の一覧ページへ

民法

~ 民法のおすすめページ ~

【民法改正】連帯債務の相対効と絶対効まとめ
連帯債務者の1人に生じた事由は、原則として「相対効」を有する。しかし、相殺・混同・更改に関しては例外的に「絶対効」が認められる。また近年の民法改正によって請求・免除・時効は相対効へ変わっている。このページではこれら連帯債務に関する効力について解説する。
【民法改正】連帯保証の相対効・絶対効まとめ!履行の請求や承認など
連帯保証人に生じた事由の相対効・絶対効に関しては、連帯債務の規定が準用される。民法改正前後で「履行の請求」に関するルールは大幅に変更され、主債務者に影響しないこととなった。このページでは、債務の承認の効果や、主債務者に生じた事由の効力なども解説する。
【民法改正】時効の「更新」と「完成猶予」、協議を行う旨の合意などを解説
民法改正により、時効の「停止」は時効の「完成猶予」へ、時効の「中断」は時効の「更新」へと改められた。他にも「協議を行う旨の書面による合意」などの制度が新設されるなどの変化が生じている。このページでは、時効のルール全般を解説し、民法改正で変わったことも解説する。
消滅時効の期間一覧(主観・客観的起算点などまとめ)
消滅時効は債権の場合基本的に、権利が行使できる時から5年間、行使できる時から20年とされる。しかし不法行為による損害賠償請求権や、人の生命・身体への侵害があった場合には別の定めに従うことになる。このページではその他短期消滅時効の定め等にも言及する。
権利能力なき社団まとめ(社団の具体例・不動産登記・訴訟の問題)
権利能力なき社団とは大学のサークルや町内会など、法人格のない団体を言う。実体としては社団法人とあまり変わりないが、法人格がなく、権利義務の主体になれないことから、その団体が持つ不動産の登記や、訴訟における諸問題が発生する。ここでは権利能力なき社団とは何か、不動産登記や訴訟に関しても解説する。

民法の一覧ページへ

商法

~ 商法のおすすめページ ~

商行為における商法と民法の比較まとめ!民法改正対応
「商行為」に該当する場合、民法に優先して商法が適用され、代理権や留置権、質権、連帯債務・連帯保証のことなど様々な行為について、民法とは異なる扱いが認められている。このページでは商行為とは何か、そして商行為における商法と民法の比較をする。
支配人の具体例や代理商との違い!表見支配人にあたる要件などを解説
支配人とは「商人に代わって、その営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有する使用人」のことである。 使用人の一種 包括的代理権を有する 支配人の選任は登記事項 などの特徴がある。 また以下の行為...
【持分会社】合同・合名・合資会社の特徴と株式会社との比較
持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)に関して、各会社形態の違いや持分会社と株式会社を比較したときのルールの違いなどを解説していく。

商法の一覧ページへ

刑法

~ 刑法のおすすめページ ~

【入門-刑法理論】罪刑法定主義や行為無価値論などを解説
刑法理論について解説しています。基本的には刑法の入門者・初学者向けに解説していますが、すでに勉強済みの方も復習に見ていただければと思います。 特に下のポイントは要チェックです。 罪刑法定主義を支える民主主義・自由...
【入門-構成要件】因果関係説や実行行為、不作為犯などを解説 - 刑法2話
構成要件とは 構成要件は犯罪カタログ 構成要件とは、 「犯罪の類型やパターンのようなもの」 です。犯罪カタログと呼ばれることもあります。 刑法が禁ずる行為のパターンであり、どのような行為が何罪に該当するのかが定めら...
逮捕・監禁罪の違いや成立要件、保護法益は?可能的自由と現実的自由も解説
逮捕・監禁罪について 条文 刑法第220条(逮捕及び監禁) 「不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。」 これらの罪はいずれも継続犯。 「身体活動の自由」が保護法益 この罪は、人の身体活動の自由を...

刑法の一覧ページへ

刑事訴訟法

~ 刑事訴訟法のおすすめページ ~

未成年の刑事手続まとめ!少年法による刑の軽減や少年審判など
少年法について <総則> 目的 第1条「この法律は、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的とする。」 定義 ...
上訴や再審の種類など、刑事訴訟法における救済手続をかんたんに解説
刑事訴訟において誤審が起こることもあり得ます。そこで刑事訴訟法では救済制度も設けています。簡潔にまとめると以下のようになります。 「判決」に対する救済 = 控訴・上告、再審 「決定」に対する救済 = 抗告 ...

刑事訴訟法の一覧ページへ

民事訴訟法(準備中・・・)

準備中・・・

行政法

~ 行政法のおすすめページ ~

【行訴法まとめ】実質的当事者訴訟と形式的当事者訴訟当、取消訴訟など
訴訟類型まとめ 抗告訴訟とは 抗告訴訟とは、「行政庁の公権力の行使に関する不服の訴訟」です。 行政機関でなくとも、公権力行使の権限が与えられている機関であればよく、 民法上の法人でもこの行政庁に該当することがあります。 関...
【国家行政組織法】行政主体の意味や行政機関の具体例、地方公共団体まで解説
「行政組織法」について解説。行政主体の意味や行政機関のこと、普通地方公共団体から特別地方公共団体のことなど、行政組織に関する範囲を広く取り扱う。
差止訴訟の訴訟要件(原告適格や補充性)、判決の第三者効などを解説
このページでは、差止訴訟(行政事件訴訟法差止訴訟3条7項における差止めの訴え)に関して、その概要や訴訟要件等を解説していく。
仮の救済(執行停止・仮の義務付け・仮の差止め)の解説
【行政法 - 仮の救済】行政事件訴訟法における仮の救済制度(執行停止・仮の義務付け・仮の差止め)について、要件や具体例を挙げて解説

行政法の一覧ページへ